自分時間の活用を・・・!

皆さん おはようございます!

時の流れは速いものですが・・、ちょっと気を抜きますと・・?

あっという間にひと月が終わってしまうものです。

私もこの仕事に就きまして、今年で35年もの月日が過ぎていったのかと、改めて思い返してみても・・?

全くそのように長い月日が経っている風には思えずにいます。

実感もさることながら、これまでの時間の経過も他人ごとのように感じる今日この頃であります。(^_^;)


 さてこのような時間の経過に関する感覚には・・?

理屈では説明がつかないようなことも? 皆様自身でも感じられている方は多いのではないでしょうか?

時間も? 自分時間(個人特有の時間の長さを感じる感覚)があるのです。

それは! 人それぞれが異なった時間の長さを感じる感覚を有するというものであります。 

それはどんなに親しい人と一緒に居ましても? 時間を感じる感覚は・・? 全く違うそうであります!

このように皆様が感じている時間の感覚は、自分時間と言われるものでして、ある意味超次元的感覚が働いているということを自覚して頂きたいと考えております。

それと言うのは? 時間の経過が短く感じている時は、脳が集中(頭脳明晰)している状態でありまして、心が喜んでいる時に感じる感覚であります。

ゆえに、お仕事や習いごとに於きましても? この感覚を以て取り組んでいけたらと考えているところであります!

時間の経過が短く感じる時は、「脳の働きが活発に働いているのだ」と認識していくことと・・、

神我の活用では・・、 「集中力に」、そして「楽しく出来るように」と念じて頂ければ宜しいかと思います。

このように普段の生活の中で、脳の働きが時間をワープするかのような感覚に陥った時などには、

それをそのままに、お仕事や習いごとなどに活用出来るように、神我の活用をお願いしたいところであります。

 「好きこそものの上手なれ」と言ったことであります!(^0_0^)♪


今日のインスピレーション!

 「自分時間を知ることで、脳の働きを感じる!」