愛を以って送念をする事で・・?

皆さん おはようございます!


 始めにご案内であります、

 今日は天神電気ビルに於きまして生活向上セミナーを行います。(19:00~20:30)

皆様のご来場をお待ちしております。(^0_0^)


 ライフステップに出合い神我の目覚めから、エルエス会へ入会し送念をする事が、日々の努力の始まりとなっていくうちに・・、

不思議でありがたい体験が・・? 自分の神我の力を用いて、自分の思い(願い)を込めて送念していくことで奇跡体験が起きて来るという事実!!!

今日はそのような体験をされている方の体験をご紹介したいと思います。(^0_0^)♪



こんにちは!

昨日の大雨は大丈夫でしたでしたか?

わたしの住む鳥栖市では相当な降水量だったようですが、私は運良​く、甥っ子の結婚式に出席するために広島に一泊していたので怖い​思いをしなくて済みました。

ここ数日間でいくつか送念による体験をここに報告したいと思いま​す!

先日、うちの主人が、仕事があまりにもハードな日々が続き背中に​酷い痛みがあったみたいで、出先の私に(line)​までしてくるほどの痛みだったらしいです。​

次の日もハードな日は続く予定だったから尚更、治して欲しかった​んでしょうね〜
俺はもう寝るけど、帰ってきたら送念しといてくれ〜!!って
助けてくれ〜!
痛すぎる〜!
みたいな、、、

なので、出来るかどうか分からないけど、帰ってから背中の痛みと​体が楽になる様に送念しました。

そしたら、
なななんと!
次の日の夜、電話があり、
送念してくれたとやろーーー??
マーーージで、
全然痛みが無くて驚いたーー!!
しかも!
体もきつく無くて驚いた!!!
あんなに痛かった背中が全くどうもないなんて考えられん!!
送念は凄いばい!!!って
大絶賛。

私としては、
良かった!
良かった!
みたいな、、、
実力のようで実力じゃないようで、、、

でも、良かったには変わりない。

あー。
良かった!!
と思ってました。

そして、一昨日、広島の甥っ子の結婚式での出来事。

実家を継いでる
姉の長男の子が
4歳くらいなのですが、一週間ほど前から食欲が無く、下痢が続い​てる。と言うんです。

もちろん、
グッタリしてママから離れず、、、
いつもは、とても元気な子なんですが一週間の下痢で
痩せてしまって、
ガリガリ、、、

このままでは、
死んでしまうのではないかと
心配になる程に目にも力がなくて、、、

チャペルでママに抱っこされてママの肩にうなだれてる姿を目の前​に、
コソーーーーット
送念したんです。

そしたら、、なななんと!!

式が終わって、自分の足で歩いて
ウロウロし始めたんです!!!!
笑顔まで出て来て
ビーーーックリ!!!

原因不明と言われて整腸剤しか出してもらえずの状況から親もどう​してやりようもなかったみたいですが、
少しづつ回復してくれるように今日も送念しました。

それから、、、
妹の長男が飲み過ぎて
ホテルで一眠りした後、、、

あーーー😫
頭が痛いー😩
頭痛がするーー
と痛そうにしてたので、
なるかどうか分からないけど、送念してあげる!って言って送念し​たら、、、
あら、なんか楽になって来た!!

って言って、

飲もうとしていた頭痛薬を飲まずに新幹線に乗って
元気に帰って行ったんです!!

なんか、、、
送念、、、凄いです!!

と言う感じで、次から次へと信じられない様な感じですが、、、

送念する時に気付いたのは、
そこに愛があるかどうかって大きいのかもしれないな〜と感じてま​す。

以上、近況報告でした!!

長い文章ですみません、読んで頂きありがとうございました😊




素晴らしい連続した体験でした♪

 愛があればそれに越したことは有りませんが・・、(^_^;)

愛は無くても・・? その人の幸せを願い想う気持ちさえあれば、誰にでも出来るのが神我パワーであります!

神我は人の心のコアに位置するもので、生きる本能(力)と言いましょうか? 幸せに成る為ならばどんな事にでも応用が出来るのが神我力なのです♪

これからも皆様が様々な問題やトラブルや争いなど・・、すべての禍などに即送念をされて、問題解決に円満解決などといった幸福の取り組みを手掛けて頂きたいと考えております。

またこうした取り組みから、自分自身の生きる力を強めて頂きたいと考えております。

何か分らない事がありましたら、ご自分であまり考えずに最寄りのコーディネーターへお尋ねください。

心の力は使えば使うほどにパワーアップしていくものですので、出し惜しみせずに様々な諸問題へ送念をしていく事が肝心なことなのです。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「人の笑顔で元気を貰える生活を、

   この神我力で!」

0

この記事へのコメント