事が起きたその後が、肝心なのです!

皆さん おはようございます!

今日は不治の病だと宣告されていた病気が神我力で完治に・・? 

とてもうれしく感動する体験をご紹介致します。(^0_0^)


会社の健康診断で胸のレントゲン毎回引っかかって、一度大きな病院で調べた方が良いと言われていたので検査に行きました。診断は突発性間質性肺炎、治ることはないと言われ症状が進めば酸素ボンベが必要になると・・ショックでした!
それからは、定期的に検査を受け経過観察という状態で、検査の度に送念を受けシールや健食も応用し小康状態で進んでいたところ、念導入が始まり肺・肺胞に念導入をして頂きました。
すると、なんと検査の数値が(500以下正常値)一気に780→660にまで下がり、良くなる事はないと言われたのは何だったのだろう?と・・高い数値のまま付き合っていかないといけないと思っていました。
 今は正常値になっています。
自覚症状もほとんどないのです。
 すごい️すごい️気持ちが元気になって、例え完治していなくても、今を頑張ろう️って心が明るくなりました。 会長、ありがとうございます。



素晴らしい体験です・・、未来に希望が持てるこのような奇跡体験は、これからの試練も難なく乗り越えていくことが出来ることでしょう!

これからも健康には留意されてご活躍されますことを念じております。(^0_0^)


 さて、生きることで向かってくる抵抗は・・・?

ある意味無くてはならない成長因子となるものでも有ります。

問題は抵抗を受けたときに、自分の心がそれをどのような意味合いで受け止めていくのかで・・?

結果はさておきまして、

 先々の心の知恵となるのか?

 トラウマとして残っていくのかが決まっていくのです。


何事も? スタート地点は、同じ始点から始まり・・、それがやがて天と地とに分かれていくものであります。

その要因が明るく受け止めていく心の力があるのか? 否か?で決まっていくのです。(^0_0^)皆様はこのどちら側に流れますか???



今日のインスピレーション!

 「始まりはまだ幸でも無く?
 
  不幸でも無く?

  それから先は、己の心が定めていくもの」
0