若い時に? 動けるときに? 動いた者だけが手にするものは?

皆さん おはようございます!

初めにご案内であります。

 今日はアルカス佐世保に於きまして、ライフステップセミナーを行います。(13:30~15:00)

皆様のお越しをお待ちしております。(^0_0^)♪

 今日の報告は、お母さんの目の状態が悪く・・、 病院へ行ってからの体験です!

母の体験です。
目の違和感があり、近くの眼科を受診しましたら、緑内障と目の中の毛細血管からの出血との診断でした。
会長から緑内障の因子や出血に念導入して頂き、セカンドオピニオンとして博多の眼科にも連れて行きました。
検査の結果、緑内障の心配はないと言われ、出血は目の中の血管の動脈硬化からとの診断でした。
目だったから違和感として出血に気づき、コレステロールなど食生活改善に取り組みながら治療ができるので良かったですね!とお医者さんに言われました。
これまでもコレステロール値は高かったので、早めに心我がお知らせしてくれたのかなと思います。緑内障ではなかったことも母は喜んでいました。
ありがとうございます。


お母さん本当に良かったですね! 緑内障の疑いも晴れて食生活改善につながったという、禍が転じて福なるという結果ですね♪

これからもご自愛頂きますように・・。(^0_0^)私からも念じております。


 さて、動いたら? 努力をしたら?

それだけ自分の未来が繁栄するという法則を・・、如何に早い年齢で気付いていけるのかで?

人生の捉え方は大きく移り変わり、日々の生活自体も大きく様変わりしていくものです。


 では日々の自分との闘いとなる動きと・・、楽を好む依存心と言う人間の本質でもあります・・、

天敵との? 闘いとなっていくのです!


閃きの行動はとてもピュアな考えから成り、幸せの基本となる生活リズムを作る唯一のパターンとなるものであります。

閃きは初めに思ったことで・・、それをすぐに行動へ移さなければ?

すぐに色んな考えが働き掛け・・、 ピュアな閃きを曇らせていくのです。

私たちの考えも? 過去の経験を活かす為の大切な知恵となっているものも多いのですが?

動きを止める考えなら? 無い方がと言えるものであります。

 これまでの生きてきた知恵や考えは? 更なる繁栄を促す閃きを止める物であってはならないもので、

知恵はまずは動いてから、 その後に知恵を働かせていくことが、肝心な事なのです。

 今日は閃きの行動の大切さに、考えの使い方? について話を進めてきました。

今頭に浮かぶ閃きはあなたの近未来からの導きであるという考え方!

 まずは閃きを信じ念頭におかれまして、実践されますことをお勧めいたします。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「閃きと行動の隙間を上手くつくのが、

  宇宙の不穏分子の得意とするところなのです!」