変わっていく生活環境に・・。

皆さん おはようございます!

始めにご案内です!

今日はエルエス会専用電話カウンセリングを行います。

本日は九州-沖縄地区の会員様専用カウンセリングとなっています。(19:00~21:00)

お手数をお掛けしますが、お手元に会員証をご準備くださりますようにお願いします。

皆様からのコールをお待ちしております。(^0_0^)電話番号は新しいNo.でお願いします。


今日は諦めていた足のしびれが? コーディネーターの一言で・・・。

山下会長いつもお世話になっております。
私は、糖尿病になって55年たっております。
この2〜3年合併症と思って足の痺れに対して何もしないで、どこかに合併症だからと決め付けていたこともあり、それに対して相談もしたことも無くシールを貼ったことも無く、ましてや会長に相談も送念も受けたこともありませんでした。

 コーディネーターさんと話していて、その事を何気なく話していた時に、足の痺れているところに、まずはシールを貼ってみては?といわれて、すぐに貼ってみました。
その後から足の痺れが良くなってきたことにびっくりしましたが、念の導入も勧めてもらっていたので、念の導入をしてもらいました。

 シールでもずいぶん良くなっていましたが、念の導入を受けてすぐのことでしたが、その場で会長に、「今までと違う違うと叫びました」
びっくりするぐらいの違いがあり、歩くときに大地をしっかり踏みしめているように、足の裏にしっかり力が入る感覚が戻ってきました。

 立ち上がって歩き出す時、立っている時のふらつきが、なくなりました。
今まで洗面台の前に立って歯を磨く時に、立ってバランスをとりながら磨くのがとてもつらっかったのが、今は、とても楽に磨けるようになりました。
家の中での動きもとても軽やかになりました。

 本当にありがとうございました。
こんなに変われるとは思っていなくて、合併症の症状だからと、当たり前と思っていて、決め付けて、何もシールさえも貼らずにいたのが、何だったのだろうと思いました。

 これからも、この体験を糧に何でも心我力を応用してチャレンジしていきたいと思いました。
会長ありがとうございました。



 本当に良かったですね♪

この力は弱者のための力でもあります。

というのは? 弱者は何かしらハンディを背負っているものであります。

その為に人よりも遅れを取ることも多いものであります。


 実はそのハンディを背負った分! 心には「力」があるのです。

心我との出逢いをきっかけに、今まで苦労されてきた努力が、一気に開花するというように・・、

幸せ貯金が良き形となって顕れてくるものなのです。

これが心我の力が、誰もが有する心の力であるという所以であります。


 マスクについて・・、規制緩和が緩みまして、日常の生活へと・・?

戻っていくはずなのですが? 街ゆく人の顔にはマスク装着が当たり前となっている現実!

 報道で言っていたのですが、マスクをしていれば2メートルと言った間隔を取ると言った、ソーシャルディスタンスは不要だとか?

皆様はご存じでしたか?

マスクをしていなくても? 何も話さなければ2メートル以内にいても安全なこと? 知っていましたか?

ただ今は! 常識も急に様変わりしていて、マスク装着もエチケットとしてしなければならない状況となって来ているのです。

ただ飲み屋などではマスクしたまま食事や飲み会などは・・・? 中々厳しいようでありますが? 

このような移り変わる環境に向けて皆様は今後、どのような対策をして行かれますか?


 私は出来るだけ普通に過ごしていきたいものでありますが? それが難しくなってしまったという現実を受け止めながらも・・、

このように全世界が急激に変化したことが嘘のようであります・・・。

 これから暑くなる中で、マスク装着が熱中症を引き起こすと言われていますので、こまめに水分補給などを心掛けながら皆様には十分に暑さ対策をお願いしたいと思います。(^0_0^)*因みにマスクの裏にライフシールを貼られると宜しいですよ!


今日のインスピレーション!

 「変化する環境を受け入れていく力を・・。」

この記事へのコメント