人の心と考えは違うもの?

皆さん おはようございます!

 初めにご案内であります。 

今日は念導入を本部にて電話受付いたします。(13:00~17:00)

皆様からのコールをお待ちしております。(^0_0^)


 閃きは心から浮かぶもので、未来からやって来るもので、私達を未来へ導く(誘導)もの!(潜在意識)

 考えは、過去の経験から自分の立場などを中心としたものとなり、自分寄りの偏ったもの!(顕在意識)

このように分類してみますと、閃きは無欲の発想であり、行動を促すものが多く・・、

一方では考えは時間の経過に伴い、自分中心の考え方に傾いていく事で・・、

利害に伴う考え方が自分を中心とした偏った考え方へとなっていくのです。

勿論自分に害が生じるか? 否か? を考えることは当然のことであります。

しかし? 過去の経験が良き教訓として学習出来ていなければ?

どうしても? 自分中心な考え方となり、人との共存バランスが崩れていくのです。

そこで心我の力を活用していく事で、人の幸せを願う言動へと発展させていく事で、自分の運気上昇が期待できるといった観念から、誰もが人の幸せになる権利を尊重していく事が出来るようになるのです。

心は自分の意志とは関係なく働いているもので、

考えは自分ありきに片寄る習慣があるということを、私達は再認識していかねばなりません。

そうでなければ・・、ついつい自分の考えに閃きを濁されていく危険性があるということですね?(^^;)


 誰もが?

人の為に働くことで、自分が良くなるならば・・?

自分中心な考えや言動から・・? 縁ある人との共存並びに繁栄を願い努力することが出来ていくはずであります!

ゆえに、人の為に成ろう・・、またはなりたいと考える方も増えてくるはずなのです。

心や人間性などは、人の為に働いていく事で、後から備わっていくものなのです。

精神面が整ってから→人の為にと、考えている人は? いつまで経っても人の為に成る事は叶いません!

人の為に成るから、内容も整っていくものだからです!


精神面を教育する? または理屈で教えようとしても? そこには! マニュアルは存在しないものなのです。(^0_0^)



今日のインスピレーション!

 「自分が知ったことは、人へ伝えて初めて我がものとなるもの」




この記事へのコメント