心(SHINGA)我の存在は、人が幸せになる為の本能(力)である!

皆さん おはようございます!

今日は初心に戻りまして、「心我」について整理をしてみたいと思います!

昔から手当と言いますように、痛いところへ自然と手がいくものでありますが?

 これを手当てと言います!

「世界中に痛いの痛いの飛んでいけ」といったおまじないがあるように・・、人には本来このような自然治癒力を高めるような超能力があったのかもしれませんね?


 心我とは?

  人間の共通した本能でもあります、「幸せになりたい「」といった願望を成就させるために、幸せの仕組みをNの法則から学び、幸せへの努力に対して、あらゆる抵抗分子となるものを排除する念の力を有する存在の事を言います。

初めはピュアな心で幸せになるために努力をしてきて・・、それが人に利用されれて、、騙されて来て・・、

惜しくも自分の力が及ばないがために・・、

次第に自己中心的な考えが先行するようになり、自分や家族にまたは仲間意識などと言った、自分と価値観を共有する者達との偏った小さな幸福感へとならざる得ないといった現実・・!

このような考え方や生き方などは、人と人とのまたは国と国との・・、争いの火種ともなるものです。

このような偏った小さな願望を、心我の存在は人の為に生きる事で、自分の未来が拓かれていくのだということを伝えてきているのです。

自分中心に偏った願望から、人との共存を促す幸せの流れに乗る、両極のバランスが取れた生活へと繁栄させていくものであります。


 私たちの人生は自分の意志で未来がつくられていくと言っても過言ではありません。

悪人に成ろうと思えばそのような知恵を得るための環境へ向かい、また背信が付きまといながらも?そのような人と引き合っていくものです。

また善人に成ろうとするならば? 人に良いことをしていけばよいだけのことであります。

このようなボーダーラインをどのように引けばよいのか・・? 思想や環境などでも違いがあるように・・、これが難しいことであります。
 

 話は心我の力に戻りその観点から言える事は・・?

心我の力を人の諸問題に向けて送念をしていくと、自分自身が元気をもらえるし、運気が上がっていくという事実があります。

勿論「棚から牡丹餅」的な努力無くして繁栄は無く、人を堕落・失墜させるような仕組みは無く、また人を陥れるようなエネルギーを発していく事は出来ないものなのです。

自分の心の力である「心我」は? 自分の偏った考え通りにはいかずに・・、人の生活が良くなる流れには思う通りになっていくものなのです。

 過去に、培う喜びが人の世をつくってきたように・・・?

 依存させる教えや力ではないということを、私達は理解していかねばなりません!

話は変わりますが、何かに? 何者かに? 依存させるような教えは心の害となるものと言えるのです!

これを皆様にはご理解いただきまして正しい心の持ち方や?在り方などを周りの方々にも善き影響力を与える立場の人として心我の活用を御願いするものであります。

幸せは求める者ではなく、自分で感じて培うものと言う事・・・!

そして未来を目指し、縁ある人の幸せになる権利を尊重し心我の力で手助けをしながら、有意義な人生を共に歩んでいきましょう!(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「大切な物ならば?

  意識の外にある方が、大切にされるもの!」