今という現実は、どこでつくられたのか?

皆さん おはようございます!

私たちが、今!在るのは??

親のお陰ですが、その親はまたその親のお陰で私たちの存在もあるのです。

祖父と祖母がもし出会わなければ? もしも違う人と出会ていたら・・??? などと考えていきますと・・?

今の私がいることが、数々の偶然と奇跡的なタイミングから誕生したのだということが、理解出来ていくのです。

ずっと辿っていきますと、やはりご先祖様のお陰であると感謝の念が浮かんでくるのです。

私が皆さまと縁があり、出会えて来たことは?

あの25歳の時にこの仕事を選択したことから始まったのです。

 いや? 生まれる前から決まっていたことかもしれませんね♪(^0_0^)

ご先祖様のお陰だと・・、感謝の念を・・。

 年に一度のお盆には、手を合わせ想いを偲ばせ、また家族と集まり絆を深めていくことは、日本のとても良い風習であります。

それを受け継ぎ、それに従うことは肝心なことかもしれません。

若い頃には自分のことが優先するあまりに・・、心ある大切なものを・・? 見落としていることは多いものであります。

 しかし次第に・・、年齢を積み重ねていくうちに、見えてくるものがあります・・?

それが 「心」であります。

その心を肌で感じ、心の力を介して人と接していくことで、これまでにない歓びが己の心を培っていくのです。

そうです、エルエス会の皆さまには、このように心ある生活から幸せな未来が形成されていくことで、

  想定以上に、豊かな生活を、、また元気な未来を過ごしていかれることでしょう。(^0_0^)♪


今日のインスピレーション!

 「心と触れ合う日々を・・。」

この記事へのコメント