危機管理から、新たな栄えある転機管理へと!

皆さん おはようございます!

いや? 年々暑くなってきていると聞きますが?

私個人的にも毎年暑さが加速するような気がしています。

温暖化といった言葉を耳にしてきたのは何時頃のことかと思い返してみますと・・?

確かな事は分かりませんが、私が成人過ぎてから・・?と思いますが???

 なので調べてみました!

科学の進歩で1970年代頃から科学者の間で二酸化炭素による大気への影響が問われ始まったようであります。

1985年にオーストラリアのフィラハで開催された地球温暖化に関する初めての世界会議で大きく取り上げられたそうであります。

これをきっかけに研究が進んできたとされています。

考えてみますと? 今から35年前からはじまった関心事項の一つでありますが?

すでに地球規模の異常気象が要因となった災害が世界各地でおこっているのですから?

このスピード感には、驚きを隠せないものであります。

皆様も年々加速するかのような?想定外の災害や新たな地球規模での諸問題など・・、一抹の不安が隠せないのは誰にでも心当たりがあることだと思います。


 今まさに、これからの時代の変化に適応していくには、健康面も然りでありますが?

仕事なども? また人付き合いなどにしましても、新型コロナウイルスなどの影響で新たな生活様式が強いられてきているのも事実であります。

この時代の大きな節目と言いましょうか・・、時代の転換期をネガティブに受け止めるならば?

その要素となるものはいくらでもあると言いましても? 過言ではありません!

これをエルエス会の皆様にはプラスに考え・捉えて頂きましてこれからの糧として頂きたいと考えております。

今月の10日に行います「人間力セミナー」では、

  これからの時代をどう生き抜いていくか? を、テーマーにしまして話を進めていきたいと思います。

これからの時代の先端を行くためには、ポジティブアンテナを常に立てて頂きまして、苦難の中でも必ず光明はあるものと確信して頂きまして、あなたが暮らす環境の中で、オリジナリティ豊かな繁栄の要素を見出して頂きたいと考えているところであります。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「幸せは待つものではなく、

  自分から向かっていくもの!」