動きのタイミングを見極めることを・・。

皆さん おはようございます!

 今日はB地区(九州・沖縄地区にお住い)のエルエス会会員様専用、電話カウンセリングを行います。(19:00~21:00)

皆様からのコールをお待ちしております。(^0_0^)


 さて、東京も時短要請営業が解除されまして、街にも若者たちで賑わいが出て来ているようであります。

これは経済にもとても良いことで有りますが、一方ではコロナ感染リスクが・・、一抹の不安が頭によぎるのも現実のようであります・・。

重症化の不安が中高年齢層には定着して来ているようで・・、商店街ではご高齢のお客様が全くと言っていいほど出てこられないと言われていました。

警戒心が・・? 不安な心が・・? 人の心にまで及び行動までが、目に見えない感染リスクが現実化してきているようであります。

私が思うには、貴重な人生がこのような恐怖心でロスが出てくることが、一番の不幸ではないかと考えているところであります。

コロナが落ち着くまでじっとしていようと考えるのは間違いではありませんが、いつ落ち着くのか分からない中で待つことのストレスは、人の幸せリズム(生活リズム)を乱すばかりではなく・・、一番に言える不幸なことは?

行動が委縮し消極的になる事で幸せチャンスを逃してしまうことで有ります。

今のこの時は・・、過ぎ去ってしまえば? もう取り戻すことは出来ないものであります。

このブログをご覧の皆様も、「今! 動く時なのか? 否か?」をしっかりと見極めて頂きまして、日々の生活にコロナの悪影響を最小限にとどめて頂きたいと考えております。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「何事も偏りすぎが・・?

  不幸の火種となるもの!」