精神と肉体の調和を図る・・・?

皆さん おはようございます!

今日は肉体と精神の調和について話を進めてみましょう!(^^♪

私達の身体は心から成り立っているのです!

ではその心と精神との違いについて・・?

ただ呼び名が違うだけで精神も心も? 同じものではないか?? と、思われている方も多いのではないでしょうか?

 まず 心とは・?

人の事を想っていることが、言動に表れ人へ伝わっていくエネルギーの事であります。

精神は人の脳の働きから浮かぶ考えや欲求など・・、知的な働きにそして霊魂という説も・・?

いうなれば・・、言動に移す前までの想い? 考えの事?としておきましょう。

 漠然とした言葉でありますが、みんな何となく理解しているのがまたは精神であります。

では自分の想念の世界を精神とするならば、その考えと肉体のバランスを図ることは一日一度は必要となるものと考えられます。

私達の肉体は生命維持機能を司る自律神経が、正と副との恒常性を管理しながら交感神経が年中休まずに働いているのです。

それは無意識の中で働き私たちの命を支えてくれているのですからありがたい話であります♪(^0_0^)


 話は少し戻りまして、精神(想念)面が様々な閃きと考えが交錯する中で、物事を判断しそして決断し言動へと移していくのですが?

それには二通りがあり・・、それは意識の行動無意識の行動との二通りに分かれるものであります。

また閃きの行動は無欲の考えから成るもので、それにデコレーション(色付け)する考えは、過去の実体験などから飾られていくものであります。

私はその飾る前に即行動へ移すことを、皆様にはお伝えしてきているのですが・・・。

 また話が逸れてきましたが、その精神と肉体との調和をたまには? 図っていくことが肝心であり、健全な精神面や肉体面を養う上でも重要だと認識して頂きたいということであります。

 運動や瞑想などはこういった肉体と精神面の調和を図るもので・・、 それは古代昔から人間はやってきていることではありますが?

このブログの皆さんは、更にパワーアップしたやり方が心我CD並びに心我ⅾの活用から容易に出来るのです。

話しが長くなりますので、この話の続きは明日のブログに続きます・・・。(^0_0^)♪


今日のインスピレーション!

 「肉体と精神の調和を・・、

  心我力で図る!」