不安を無くすには・・?パートⅡ

皆さん おはようございます!

初めにご案内があります。 

今日は佐世保市相生町エレナ会議室に於きまして、集う会を行います。(19:30~21:00)

皆様のご来場をお待ちしております。(^0_0^)♪


 不安は努力の先の結果を考えることで生じるもの! 

皆様は自分を例えてみますと・・、

 結果型人間ですか?

それとも経過型人間ですか?



 私はNの法則(幸せの法則)から経過型人間を推奨しております。

 人はまずは目標を描きそれに向けて努力をしていくのですが、それゆえ結果を考えていくのは致し方ないことであります。

しかし? 結果に対して、あまりにも執着心が強く…、ゆえに心が病んでしまう人たちも出てくるものであります。

心までが囚われ我を見失い道を逸れていくことに対しては、如何かなものかと思うところであります!

 経過を如何に楽しくする工夫をすることで、結果への執着を減らしていく事が出来るのです。

要するに悔いが無い努力をして、結果に固執すること無く、それだけを避けていけたら良いのかと考えるところであります。

またプロセスの段階では、「これだけやっているのだから悔いは無し!」などと思える努力であることが肝心なことであります。


 ここでのポイントとしましては、結果に心我力で送念をしていく事で人の心の動きを留めてしまう☞宇宙の不穏分子を祓うことが出来るのです。

送念をされて、さらにライフステップノートへ結果を記し執着心が無くなるように念じて、文頭へシールを貼られて抵抗分子の影響を無くし成就への願掛けをして頂きたいと考えております。

 もし? 結果が意に沿わない結果であったにしましても、そこまで努力したことが先々の肥やしとなることは多く、心我の流れからは間違いがないことでありますので、その時その時の結果に心が囚われ意気消沈することだけは避けていく事が肝心であります。

閃いてそれを信じ行動して、⇒そこまで行って結果に繋がらなくても?

そこまで行ったことで、⇒ステップアップしたステージが見えてくるものなのです。

こういった運命の流れは多いものでありますので、目先の事や? 今向かっている目標や願いの一連の流れ、または結果に固執しない柔軟な捉え方に考え方が人間力のコア(核)となるものであります。

 こうした一貫した努力の流れにおきまして、不安は解消されていくのです。

  考え方は、より柔軟であることが肝心なようですね!(^0_0^)

今日のインスピレーション!

 「結果は良くも悪くも、

  それからの未来にプラスに繋がるものである!」