最後まで力を有するのは心である!

皆さん おはようございます!

今日は本部に於きまして電話受付にて、念導入を行います。*13時~17時までとなっています。

皆様からのコールをお待ちしております。(^0_0^)

 身体の力を抜いて・・、

 肩の力を抜いて・・、

 構えを解いて・・、

 「より自然体で生きていく!」をモットーとして、心我の活用を試みてはいかがですか・・?


 これまでは? 色々と考えていく事で、 心が委縮してしまい・・、 

あなた、人間本来の脳力!

 ⇒自然体から発揮できる秘められた能力が、啓発出来ないままになっていることは多いのです。

自分の心は・・、自分が生まれてきた理由を知っているものです。


ただそれは顕在意識でつかめていないだけで、自ずと閃きを行動へ移してきた者だけが、後になって振り返り思い通りにやってきた結果、

自分が生まれて来た意味や使命感がぼんやりでも理解が出来て…、

 今が在るのだといった見解に達していくのです。


 その中でも人間付き合いを大切にしてきた人達は、

  人を助け…、人に助けられてと…、

人との絆の中で、一人の力では叶わないものが? 人の力が加わり実力の二倍にも、また三倍もの結果が幸せへと結びついていくのです。

此処で生じる感情が「感謝」であります。

 ゆえに今の人間関係を粗末にしていきますと・・、今までのように? これまでのように・・?

いつまでも人との出会いや絆がつくられていくと思いでしたら・・、それは大きな勘違いかもしれません⁈


 人は自分の利益となるものには、身を寄せて来るものでありますが、

  それが自分の利益とならないものと気づいたら・・、

   またマイナスになるものだと悟りましたら、次第にその者から離れていくものであります。

さらに追い打ちをかける様に、高齢になればなるほどに、自分の親しい知り合いも自然に減少していくものであります。


 最後に、寂しい老後だけは回避していかねばならないと私は考えます。

これまで少なくとも人の為に働き生活をして来たのだから、老後に苦労があってはならないと考えます。

一番の不幸は病でありますが、次に来る不幸があるとしましたら「寂しさ」であります。


 人の為にしてあげる力が無くなっていくから…?

 また自分のことで心が一杯になり、人の事などにかまっていられなくなるから…?

 様々な事が加齢とともに、減少または縮小などしていくのです。

しかし、心の力で人の為になっていくとしましたら、例えばの話しでありますが、その人の事を想うだけで送念をしてあげることが出来るのです。

自分の存在価値を心我力で掴みつつ…、

いつまでも・・、

 人の為になる力を維持できる人生は・・・、

また人の事を思い遣れる、心のスペースを保ち続けられる人生は・・・、

私が望む人生であり、またエルエス会のビジョンでもあるのです。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「いつまでも、我に戻ることなく生きていけたら・・?

  それが一番に幸せなことである。」