人の世は…、自然の流れと共に在るべきである!

皆さん おはようございます!

今日は浜松町ビジョンセンターへ戻りまして、個人カウンセリングを行います。*13:00~17:00(要予約!)

皆様のお越しを、お待ちしております。(^0_0^)


 さて、この時期は三寒四温と言いますように、暑くなって来たかと思うと冷え込んだりと・・、このブログをご覧の皆様には体調管理には充分にご用心頂きますようにお願い申し上げます。*免疫力の指標となる基礎体温を上げるには、筋肉量を増やすことも然りでありますが、ライフステップで提供させて頂いています、爽源、極みカプセル等で…、体温が上がってきたといううれしい報告を受けています。

 季節のものを食し…、生まれ育った土地のものを食することが健康維持につながるという昔からの言い伝えがあるのです。

それを「身土不二」と言いますが、これは「身と土は二つにあらず」その土地の者がその土地の物を食すると宜しいといった意味でして、人間の体人間が暮らす土地一体であるといった教えでもあります。

このような昔ながらの教えは理にかなったものが多いのもまた不思議なことであります。

 例えばアレルギーの因子がある方が、先祖が食べたことが無いもの(遺伝子が知らない食材)? 例えば日本人が欧米の食材で口にしたことが無いものを新たに食することで、アレルギーが増えてきているという説もあります。

しかし!私が想うには世界が一つになり平和が訪れる未来が来るとしましたら、このような食への副反応に対して先々の子供たちの為にも・・?

抵抗力をつけていかなければならないと考えるところであります。 またそれがこれからの人間(地球人)の努力の一環であると思うところであります。

 まぁ、ともあれ・・、自然と人間の身体は一体であると言った考え方は、

 Nの法則にもありますように・・、

また心我の力を活用していく中で様々な奇跡体験の中で気づかせて頂くことの一つであります。

 
 人の一生自然界の恩恵を受けながら…、また人との関りの中で相互扶助の精神を築きながら…、

今の自分が?  生活が・・?  成り立っているのだということを理解して行く事で…、

 見えない縁(心の仕組み)で成り立っている人生が…、

  心眼で見えてくるのです。(^0_0^)


今日のインスピレーション!

 「目に見えない繋がりを知る事から・・。」

この記事へのコメント